投稿

e-taxによる確定申告

イメージ
皆さん、日曜日も日が暮れてきました。明日関東圏でも降雪が予報されています。週早々試練が待ってますね。



さて、本日(厳密に言うと土曜日の半日を加えて)e-taxによる確定申告の送信が完了しました。私の場合、70を超える米国個別株を保有し、その大半が米国の証券会社に管理されています。従って毎回労力が多くかかるのですが、本年はe-taxにおいて下記の改善が導入されていたために、かなり時間が節約できました。その改善点は米国株投資には関係ありません。ふるさと納税の申告です。
なんと、寄付先の自治体名を手入力する必要がなくなりました。

最初に都道府県か市町村かを選択します。私は昨年15回ふるさと納税を行いましたが、いずれも市町村なので、後者を選択します。すると、画面の左側に都道府県の一覧表が出てきますので、そこから該当する都道府県を選択しします。そうすると、今度は左側に選択した都道府県下の市町村の一覧が出てきます。該当する自治体を選択します。寄付日と金額を入力すれば完了です。もし、同じ自治体に複数回寄付した場合は、その選択肢をクリックすると同じ自治体が自動的に出てきますので、同じく寄付日と金額を入力すれば完了です。これを自治体毎に繰り返せば、終わりです。 2,000円の控除だけで残り全額が税額控除に想定通りに換算されました。数年前は自治体名・役所所在地・電話番号を手入力していましたので、隔世の感です。本当に便利になりました。

一方、米国証券会社に保有するポートフォリオから受け取った配当の申告は相変わらず大変でした。e-taxのサイトで提供されているhaitou_form.xlsというエクセルファイルに全件入力する必要があり、時間がかかりました。バフェット太郎さんみたいにポートフォリオリオの銘柄が10個だったら楽勝なんでしょうが、70以上も保有しているので自業自得と言えますね。
さて、外国税額控除ですが、今年もやりました。税務署の審査にパスすれば全額還付される予定です。
長いですが、以下、私なりにまとめたhow toです。赤字部分が今年からの変更があった箇所です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は米国証券会社口座と国内証券会社口座(特定口座と一般口座)に米国株を保有しており、毎年確定申告をしております。そこで、そのノ…

今週の振り返り - 2018/3

今週の振り返りです。

受け取った税込配当
1/10
$30.21 - National Grid (NGG) 1/15
$70.00 - CME Group (CME) 1/16
$45.00   - Goldman Sachs BD (GSBD)$23.56   - Store Capital (STOR)$171.70 - W.P.Carey (WPC) 売買1/17
Tanger Factory Outlet Centers (SKT)  新規投資 株数                    : 70購入単価        : $24.7売買手数料              : $0.99YOC                       :  5.54% 税込年間配当額      :  $96 投資額                    :  $1,730配当支払い月     :  2,5,8,11月 1月19日 Duke Energy (DUK) 追加投資 購入株数       9平均買価   $77.50取引き手数料 $ 5.40投資額   $702.90その結果、ポジションは下記のように変化しました。
持ち株数                58 -> 67YOC                   4.09% -> 4.14%年間税込む配当額            $206 -> $237ウエイト            1.20% -> 1.38% 増配・減配・増配見送り1月16日
Omega Healthcare Investors (OHI)
一株当たりの四半期配当: $0.65 -> $0.66 by 1.5%YOC: 7.7% -> 7.8% 年間受取予定税込配当額: $195 -> $198ポートフォリオに占める配当金のウエイト  1.14% -> 1.15% 含み益:-23% 1/17 Realty Income (O)  一株当たりの月配当: $0.2125 -> $0.219 by 3% YOC: 5.89% -> 6.07% 年間受取予定税込配当額: $522.75 -> $538.74ポートフォリオに占める配当金のウエイト  3.08% -> 3.14% 含み益:23% 気になった記…

追加投資 - DUK

イメージ
皆さん、先週お疲れ様でした。私は発熱等でやむなく有給を取得するなど散々な一週間でした。
昨年から風邪をひくと二週間以上ひきずります。やはり、加齢による体力・抵抗力の衰えを感じざる得ません。
さて、絶好調の米国株式市場ですが、UtilitiesとREITは売り込まれています。このようにセクター全体が売り込まれている時は優良企業を安値で仕込むチャンスと捉え、米国電力大手のDuke Energy (DUK)に追加投資しました。


本当はもっと低いところに指値を置きたかったのですが、R天証券ではDayを超える発注は出来ませんので、やむなく高値で約定させました。
1月19日 Duke Energy (DUK) 購入株数       9平均買価   $77.50取引き手数料 $ 5.40投資額   $702.90その結果、ポジションは下記のように変化しました。
持ち株数                58 -> 67YOC                   4.09% -> 4.14%年間税込む配当額            $206 -> $237ウエイト            1.20% -> 1.38%含み損を11%抱えていますが、気にしません。Utilitiesですので、減配はないと思ってますので、安心して長期保有します。

新規投資 - SKT

イメージ
皆さん、本日二回目の投稿となります。以前より高配当株として目をつけていたTanger Factory Outlet Centers (SKT) に新規投資しました。


1/17

Tanger Factory Outlet Centers (SKT)  新規投資 株数                    : 70購入単価        : $24.7売買手数料              : $0.99YOC                       :  5.54% 税込年間配当額      :  $96 投資額                    :  $1,730配当支払い月     :  2,5,8,11月
プレミアムアウトレットに特化したREITで北米に44箇所のアウトレットを保有しています。 24年連続増配中で今年確実に配当貴族の仲間入りすると思います。 購入理由は、 ヘルスケア、リテール、トリプルネットリース以外のREITをポートフォリオに加えたかった過去24年連続増配、過去3年の年平均増配率12%高配当利回り 5.54%2,5,7,11月配当支払い株 AFFOに対する支払い配当が低く、配当の安全性・増配余地ともに高いアウトレットにおけるエクスペリエンス訴求であるので、Amazon耐性が他の小売りと比べて高い株価は52W Highの$35.80より大幅に落ちており、値ごろ感があるとなります。

以下簡単にSKTについて述べます。
Source: SKT Investor Presentation 
テナントは我々にも馴染みの深い下記のプレミアムブランドとなります。
Source: SKT Investor Presentation 
1993年以来、空室率は5%未満を維持しています。
Source: SKT Investor Presentation 
プレミアムアウトレットというニッチの先駆者として、業界標準を凌駕する利益率を維持している。
                                            Source: Morningstar Earning Release
上場来連続増配を維持しており、過去3年の平均増配率は12%。更にトータルリターンもREIT全体のindex、小売りREITのindexを上回っています。
         …

増配 - O

イメージ
皆さん、木曜日お疲れ様です。ようやく残り一日ですが、体調は悪化しています。しかし、明日は根性で出勤します。先月増配したばかりの毎月配当株のRealty Income (O)は今月また増配です。今回は増配率がOにしては大きく3%です。


1/17 Realty Income (O)  一株当たりの月配当: $0.2125 -> $0.219 by 3% YOC: 5.89% -> 6.07% 年間受取予定税込配当額: $522.75 -> $538.74ポートフォリオに占める配当金のウエイト  3.08% -> 3.14% 含み益:23%Oですが、今回で95回目の増配です。頭が下がります。

配当金入金 - CME GSBD STOR WPC

皆さん、今晩3件目の投稿です。私は普段は歯の問題は殆どないのですが、異常な歯痛に襲われています。風邪のせいで併発している可能性が高いです。ほんと、気味が悪いです。

CME から巨額の特別配当が着金。

極楽極楽・・・・ — ふ~部長 (@foohbucho) 2018年1月17日
実は私は部長の真似をして当該銘柄に新規投資済ですので、同様に特別配当を受取りました。

1/15 

$70.00 - CME Group (CME)
1/16

$45.00   - Goldman Sachs BD (GSBD)$23.56   - Store Capital (STOR)$171.70 - W.P.Carey (WPC) これで1月の税込配当金収入は$756.60となりました。




増配 - OHI

イメージ
皆さん、お疲れ様です。私みたいに風邪をこじらせないように注意ください。


さてポートフォリオの一社であるヘルケアREITのOmega Healthcare Investors (OHI)が22四半期連続の増配を発表しました。22年ではありません、22四半期連続です。

1月16日
Omega Healthcare Investors (OHI)
一株当たりの四半期配当: $0.65 -> $0.66 by 1.5%YOC: 7.7% -> 7.8% 年間受取予定税込配当額: $195 -> $198ポートフォリオに占める配当金のウエイト  1.14% -> 1.15% 含み益:-23%実は複数の大手テナントから家賃滞納があり、減配リスクが株価に織り込まれ、現在23%の含み損を抱えています。すでに損切りをしてポジションを以前の半分に縮小しています。個人的にはもう四半期毎の増配を辞めて、減配を死守してほしいのですうが、Seeking Alphaでも大盛況で先刻確認したら本件に関して82件もコメントが掲載されていました。ひとまず、ロングです。